先人から学ぶ健康術「養生訓」

/

食べ過ぎは万病のもと?

 

あけましておめでとうございます。

年末年始の食べ過ぎや運動不足を省みて、新年の目標にダイエットを決意した方も少なくないと思います。

外国からみても日本はとても豊かな国で、多くの食べ物で溢れています。
テレビの健康番組や雑誌の健康記事でも身体によい食品やサプリメントの情報はたくさん報じられますが、食べ過ぎについて注意を促す情報はほとんど見かけません。

もちろん生きていく上で、栄養の摂取は不可欠です。

しかし、明らかに「日本人は食べ過ぎ」です。
過食が原因の生活習慣病運動器疾患などは数限りなくあります。

 

先人から学ぶ健康術

江戸時代に活躍した儒学者の貝原益軒(かいばらえきけん)が書いた「養生訓」には、毎日、満腹になるまで食べるのは身体に悪く、粗食のほうが健康によいと唱えています。
実際に粗食の健康効果もあるのでしょうが、当時の江戸幕府は食料不足で暴動が起きる前に、粗食を広めて食料を無駄に消費させないようにしたという説もあります。

また、彼は健康面から、

①正しく生きて善を積むことを楽しむ。

②病気にならないように気をつけ健康な生活を楽しむ。

③長寿を楽しむこと

「三楽」を提唱しています。

 

これらを心がけてよい一年にしましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中