外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の見た目が
    変形してしまっている

  • 足が痛くて
    長時間歩くことがつらい

  • 合う靴を
    なかなかみつけることができ
    ない

  • 足の親指が
    反らないために歩きづらい

外反母趾、痛みを感じる前に対策をしましょう

歩くだけ、靴を履くだけでも痛みを感じるつらい外反母趾。

歩くことが億劫になり外出を控えるなんていう前に対策をとっていきましょう。

 

外反母趾の原因は、「ヒールなどの先のとがった靴の履きすぎ」というイメージが
あるかもしれませんが、実はそれだけではありません。

外反母趾早期回復メニュー Recommend Menu

外反母趾の原因は「先天性」「後天性」の2種類

 

見た目にもわかりやすい外反母趾。

その原因は「先天性」のものと「後天性」のものの2種類があります。

具体的にその原因をみていきましょう。

【外反母趾の原因】

 

●先天性

外反母趾は生まれつきの足の形状が原因で起こることがあります。

特に足の親指が長すぎる場合には注意が必要です。

 

●後天性

後天的な習慣により外反母趾が起こることもあります。

例えば

・足のアーチ構造が十分でない

足の裏はよく見ると3つのアーチが存在し、土踏まずの部分が地面につかないアーチ形が理想だとされています。
このアーチが十分にない状態を扁平足ともいい、扁平足の状態は体重の分散がうまくいかず疲れやすいだけではなく、外反母趾にもなりやすいと言われています。

足のアーチは足に合った靴を履き、よく歩くことで成長とともに形成されるものです。

しかし幼児期から先端の細い靴を履いたり、歩くことが少ないとアーチの形成がきちんと行われません。
そのため子どもであっても扁平足や外反母趾になることもあります。

 

・ハイヒールなどの靴の影響

皆さんもご存じかと思いますがハイヒールやつま先の細い靴を履くことで外反母趾になることもあります。

足に優しいヒールの高さは3㎝~5㎝程度だと言われ、ヒールのない靴に比べると足底にかかる負担は4.0cmヒールで約1.5倍、9.0cmヒールで約3倍にもなるというデータもあります。

足に痛みを感じるようであれば、ヒールの高さを少し低めにしてみましょう。

 

・重心の取り方が間違っている

身体の重心の取り方が間違っていると足に負担がかかり、結果的に外反母趾を発症する場合があります。
身体のバランスを整えるようにしましょう。

外反母趾の症状とその予防策を知りましょう

外反母趾の特徴といえばまずは、その見た目かもしれません。
具体的に外反母趾になってしまうとどのような見た目になってしまうのでしょうか?

予防策と合わせてみていきましょう。

 

 

【外反母趾の症状】

 

◆足の親指がくの字に曲がる

外反母趾の特徴としてよく知られている症状が足の親指の変形です。
親指が中指の方に曲がってしまい、右足であればくの字、左足であれば逆方向のくの字にみえる状態になります。
症状がひどくなると、指同士が重なり合ってしまうこともあります。

 

◆指のつけ根がでっぱっている

指のつけ根がでっぱってしまうことも外反母趾の症状のひとつです。
このでっぱりが靴にあたり擦れて、靴を履くことがつらい、おしゃれな靴を履くことができないと感じる方も多いです。

 

【日常生活でできる予防策】

 

後天性の外反母趾は日常生活の中で予防することができます。

 

◆高いヒールの靴を避ける

ヒールが高すぎると足底に負担がかかってしまうため、高さは低めでやや太いヒールの靴を選ぶようにしましょう。

ヒールの高さは3~5㎝、太さは歩行が安定するものを選びましょう。

 

◆鼻緒のついた履物を履く

鼻緒のついた履物を履くことで親指と人差し指のあいだを広げることができます。

常に鼻緒のついた履物を履くことは難しいかもしれませんが自宅内で履くスリッパを鼻緒のついたものに変更したり、類似商品を身につけるようにしましょう。

 

◆タオルやゴムひもを使った運動を行う

タオルやゴムひもを使った足先の運動で外反母趾が予防できます。
毎日できる範囲の運動を続けましょう。

パルモ三鷹整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾とは、親指が小指側へ曲がってしまった状態になります。

先端の細い靴(ハイヒール)などを好む女性や足趾の筋力が少ない女性に多くみられ、全体的に男性よりも女性の割合が多い傾向にあります。

当院は、外反母趾に対して足の調整や「テーピング」「ドレナージュ(DPL)」などを施していくとともに、ご自身で行う普段からのケアや運動のアドバイスなども行っていきます。

重症化する前に、対策をしていきましょう。

 

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■テーピング

スポーツの動きに対する補助や保護の目的など、目的によりいくつかのテーピングを使い分け施術を行っていきます。
ケガを予防したいときや、ケガを気にしないで競技をしたいときにおすすめしています。

 

■骨格矯正

痛みなどの不調の根本原因が、身体のバランスの崩れにより発生している場合、骨格矯正を行います。
丁寧にカウンセリング・検査を行い、重心の取り方や骨盤のずれなどを見極めた上で施術を行います。
痛みを伴ったり、バキバキと音がなるような施術ではありませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

専用のクリームを使用し、ひざ下のリンパや血流を促すことで「むくみ」や「冷え」の改善を目指す施術です。
その他にも血行不良により生じていた不調の改善に効果が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛よりも細い鍼やもぐさでできたお灸を経穴(ツボ)に乗せ刺激をすることで、自己治癒力を向上させ症状の緩和を目指す施術です。
体質改善や自律神経の崩れによる不調の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体を芯から温め血行を促進することで、肩こりや腰痛などの慢性症状や冷え性、疲労解消などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中