ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 物を拾おうとしたら腰が痛くて動けない

  • くしゃみを
    したら腰に激痛が走った

  • 突然の激痛で
    動くことができない

  • 腰が痛く
    歩けない
    立ち上がれない

突然の腰への激痛「ぎっくり腰」繰り返さないために

「落とし物を拾うとき」「くしゃみをしたとき」
ぎっくり腰は日常のさりげない動作がきっかけで、突然腰に激痛が走る症状です。

 

一度発生してしまうと、数日は動くこともつらく仕事や家事などに支障が出てしまうことがあります。

 

そんなぎっくり腰ですが、実はまだ明確な原因がわかっていません。

しかし、発生傾向から誘因となる動作や日常生活がわかっているのです。

 

再発を防ぐためにも誘因を知り、予防していきましょう。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰は日常の何気ない動作が原因で起きることが多いです

【ぎっくり腰について】

 

ぎっくり腰は、皆さんご存知の症状で「腰の捻挫」とも呼ばれていますが、正式名称は「急性腰痛」になります。

急性という名称がついている通り、ぎっくり腰は「突然」起こります。

症状としては、次のようなもことが挙げられます。

●身体動かした瞬間に痛みを感じる「初動痛」

●何もしなくてもズキズキ痛む「自発痛」

●筋肉の損傷で関節が曲がりにくくなる「可動制限」

 

 

【ぎっくり腰の誘発原因】

 

ぎっくり腰は、その原因はまだ明確になっていません。

しかし、発生状況などのデータから日常のちょっとした動作の中で起きることが多いと言われています。

 

◆前かがみの姿勢をしたとき

顔を洗う時、靴を履く時、おじぎをする時など、前かがみの姿勢をしたときに、ぎっくり腰が起きることがあります。
また、膝を曲げずに中腰で物を持ち上げようとすると、腰に負担がかかりぎっくり腰が起こりやすくなると言われています。

 

◆急に姿勢を変えたとき

くしゃみや咳をしたときや立ち上がったとき、呼ばれて振り返ったときなど、動作を急に行ったときなども発生しやすくなります。

 

◆運動不足

運動不足のせいで腰の柔軟性がなくなっていると、少しの動きでぎっくり腰になることがあります。

 

◆過度なスポーツ

腰の筋肉に負荷がかかりすぎていると、運動習慣のある方でもぎっくり腰になる可能性があります。

 

◆ストレス

ぎっくり腰も、さまざまな病気と同じようにストレスによる筋肉の緊張が原因になることがあります。

 

◆肥満

体重が重くなると腰に負担がかかりやすくなるため、ぎっくり腰になりやすくなります。

 

◆加齢

年を重ねるごとに生じる、骨のゆがみ骨量の減少筋肉の低下・老化でもが誘因となることもあります。

ぎっくり腰を予防する!腰にやさしい日常生活について

一時的な腰痛とされているぎっくり腰ですが、適切な予防を怠ると慢性腰痛に繋がる場合や、再発を繰り返してしまう方もいます。

 

【ぎっくり腰の予防法】

 

つらいぎっくり腰の痛みを繰り返さないように、日常生活の中でできる予防に取り組んでみてください。

 

◆目が覚めたら起き上がる前に布団の上で腰を伸ばす

寝起きは身体が硬くなっています。
胎児のように身体を丸めて、腰の筋肉を伸ばしましょう。

 

◆腰痛予防にはベッドや布団は硬い方がよいでしょう

硬い布団の方が腰が沈まず、腰痛を防ぐことができます。
※個人差がありますので、マットレスの硬さは横になり体験してから購入するとよいでしょう。

 

◆顔を洗う時は膝を曲げる

膝を曲げて腰への負担を減らしましょう。

 

◆物を持ち上げる時は膝を使って腰を落とす

膝を伸ばした状態で腰を曲げてしまうと負荷がかかりやすくなります。膝を曲げてから慎重に立ち上がりましょう。

 

◆靴に中敷を入れて衝撃を和らげる

歩きやすいスニーカーやウォーキングシューズで、靴底にクッション性のあるものが腰に負担がかかりづらく良いでしょう。

 

◆座る時は椅子に深く腰掛ける

背もたれに届くところまで深く座ります。ときどき立ち上がって腰の血流を促しましょう。

 

◆腹筋と背筋をバランスよく鍛えておく

腹筋や背筋が弱っていると、腰に負担がかかります。体操やストレッチで腰痛を起こしにくい身体を作りましょう。

 

【ぎっくり腰になってしまったときには】

 

◆数日間は安静に

痛みの強い時は、無理せずに安静にしていましょう。無理に身体を動かしてしまうと周辺の筋肉の損傷を招く恐れがあります。

 

◆動けるようになったら、適度に動かす

少しずつ、痛みが回復してきたら身体を動かすようにしていきましょう。
安静にしすぎてしまうと、筋肉がコリ固まりやすくなり回復が遅れてしまいます。

 

◆コルセットの着用

仕事中で痛みのある時は、コルセットを使うのも1つの方法です。

パルモ三鷹整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰が発生してしまった場合は、まず安静にしているようにしましょう。

そして、局所のアイシングを行い動かさないことが大切です。

※痛みが1週間経過しても変わらない場合や、片側の臀部から下腿にかけての疼痛が続く場合などは「腰椎ヘルニア」の可能性もあります。

その場合は医療機関などで一度検査を行うようすすめています。

ぎっくり腰は、「日頃の姿勢」「重心のとり方」「疲労の蓄積」などが重なって発症することが多いです。そのため、「痛みを感じなくなったら大丈夫」というわけではありません。

 

再発を防ぐためにも、痛みの原因を見極めその改善ができてこそ完了になります。

当院では、丁寧にヒアリング・検査を行い重心の取り方などをみた上で「骨格矯正」「季節調整(腸揉み)」「テーピング」「鍼」などを施していきます。

つらいぎっくり腰。早めに痛みを緩和し予防に努めていきましょう。

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■テーピング

スポーツの動きに対する補助や保護の目的など、目的によりいくつかのテーピングを使い分け施術を行っていきます。
ケガを予防したいときや、ケガを気にしないで競技をしたいときにおすすめしています。

 

■骨格矯正

痛みなどの不調の根本原因が、身体のバランスの崩れにより発生している場合、骨格矯正を行います。
丁寧にカウンセリング・検査を行い、重心の取り方や骨盤のずれなどを見極めた上で施術を行います。
痛みを伴ったり、バキバキと音がなるような施術ではありませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

 

■鍼灸

髪の毛よりも細い鍼やもぐさでできたお灸を経穴(ツボ)に乗せ刺激をすることで、自己治癒力を向上させ症状の緩和を目指す施術です。
体質改善や自律神経の崩れによる不調の改善に効果が期待できます。

 

■季節調整

腸もみで内臓からアプローチをしたり温めることで、自律神経のバランスを整えていきます。
また、花粉の季節には、「金粒」を呼ばれているテープに粒がついているものをツボへ貼ることで鼻水や鼻づまりの解消が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中