股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩き始めに
    足の付け根が
    痛くなる

  • 運動した後に
    股関節が
    痛くなる

  • 長時間立ったり、歩いたりがつらい

  • 足の爪が切れない、靴下が履けない

股関節痛はひどくなると日常生活に支障が出るかもしれません

股関節痛の症状の特徴としては、
「立ち上がるとき」や「歩き始めるとき」に、足の付け根の関節に痛みが生じることです。

 

症状が進行するにつれ常に痛みを感じるようになり、生活に支障をきたすこともあります。

 

原因や対処法を知り、つらい痛みが緩和できるように努めましょう。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節痛は女性に多いその原因について

【股関節について】

 

股関節は、大腿骨の丸い部分が骨盤のくぼみに入り込むような形をしており、クッションの役目を持つ軟骨に覆われています。


股関節痛の大半はこの軟骨がすり減ることで引き起こされます。

男性よりも女性の発症率が高く、高齢者の女性の20%が関節の痛みを抱え、歩行痛や荷重時痛に悩んでいると言われています。

 

 

 

【股関節痛の原因】

 

◆変形性股関節症

変形性股関節症は、加齢や股関節の形の異常が原因となり、関節軟骨が摩耗し骨や関節が変形する病気になります。

症状としては、「痛み」「可動域の制限」となり、進行してしまうと元の状態に戻すことが難しくなります。

 

◆関節リウマチ

関節リウマチは、全身の関節に発生し「関節の痛み」「腫れ」「こわばり」「変形」などの症状を感じます。

手足の指の関節から次第に膝関節や股関節など大きな関節に症状が発生します。

 

◆婦人科系の病気

子宮筋腫や卵巣腫瘍が原因で、骨盤内の神経が圧迫され股関節痛を起こしている場合があります。

股関節痛を発症している女性は、婦人科の病気の可能性を考えてみることも必要です。

 

◆グロインペイン症候群(鼠蹊部痛症候群)

股関節痛は高齢の女性に多い症状ではありますが、若い方であっても発生する場合があります。

その中でもサッカー選手に多いスポーツ障害「グロインペイン症候群」は片足でキックをするという不安定な動作が原因となり股関節周囲の筋肉の損傷が起こり痛みを感じます。

 

◆オーバーユース症候群

オーバーユースは使いすぎ症候群とも言われるスポーツ障害で、身体の同じ部分に繰り返し負荷かかることで起こります。
間違ったフォームが繰り返されると股関節を痛めてしまうことがあります。

 

その他にも臀部の筋肉や関節包が硬いと大腿骨を前方へ押し出してしまい大腿骨と寛骨臼が衝突して痛みがでてしまうこともあります。

股関節痛の痛みを和らげる方法

【変形性股関節症】

 

股関節痛の原因の中で、最も多いと言われている症状は「変形性股関節症」です。

変形性股関節症は、関節軟骨の摩耗することで臼蓋という股関節の受け皿と太腿の骨の頭が変形し痛みや可動域の制限が生じる病気です。

 

「一次性変形性股関節症」という加齢や体重の増加などが原因となり発症する場合と「二次性変形性股関節症」と発育障害や病気が原因となり発症する場合があります。※日本人の場合は「二次性変形性股関節症」が多いとされています。

 

主に、「立ち上がり」「歩き始め」など動作を行うときなどに足の付け根に痛みを感じ、進行するにつれ股関節の可動域が狭くなります。
また、股関節が変形すると、じっとしていても痛むことがあります。

 

【筋肉をほぐして股関節痛を予防】

 

股関節痛の予防や症状の緩和のためには、日ごろから股関節周囲の筋肉をほぐすことが大切です。

ここでは日常的に実践できる予防法をご紹介します。

 

◆固まった筋肉をストレッチでほぐす

床に足を広げて座り、足首を内側に倒す、外側に倒す。
無理せずゆっくりと繰り返してください。股関節のコリがほぐれ、自然に動かせるようになります。

 

◆筋肉を鍛える

スクワットで太ももの筋肉を鍛えて、股関節の負担を減らしましょう。
前かがみにならないように、正しい姿勢でゆっくりとひざを曲げてみてください。

※痛みがある場合は無理をしない程度に、毎日の生活の中にストレッチやスクワットなどを取り入れていきましょう。

 

◆股関節の負担を軽減

股関節に負担がかからないように、ゆっくりと自分のペースで歩く、疲れる前に休憩をとり重い荷物を持つことは避けるようにすることも、股関節痛の緩和に効果的です。

パルモ三鷹整骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節に痛みを感じる原因は、高齢者に多い「変形性股関節症」などの病気からスポーツ選手に多い「グロインペイン症候群(鼠蹊部痛症候群)」などのスポーツ障害までさまざまです。

また、股関節に痛みを感じていてもその場所に原因がない場合もあります。

当院では、お身体の状態をみながら「季節調整(腸揉み)」「骨格矯正」「鍼灸」「ドレナージュ(DPL)」を施していきます。

 

痛みが緩和され再発しにくい身体づくりを目指していきましょう。

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■テーピング

スポーツの動きに対する補助や保護の目的など、目的によりいくつかのテーピングを使い分け施術を行っていきます。
ケガを予防したいときや、ケガを気にしないで競技をしたいときにおすすめしています。

 

■骨格矯正

痛みなどの不調の根本原因が、身体のバランスの崩れにより発生している場合、骨格矯正を行います。
丁寧にカウンセリング・検査を行い、重心の取り方や骨盤のずれなどを見極めた上で施術を行います。
痛みを伴ったり、バキバキと音がなるような施術ではありませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

専用のクリームを使用し、ひざ下のリンパや血流を促すことで「むくみ」や「冷え」の改善を目指す施術です。
その他にも血行不良により生じていた不調の改善に効果が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛よりも細い鍼やもぐさでできたお灸を経穴(ツボ)に乗せ刺激をすることで、自己治癒力を向上させ症状の緩和を目指す施術です。
体質改善や自律神経の崩れによる不調の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体を芯から温め血行を促進することで、肩こりや腰痛などの慢性症状や冷え性、疲労解消などに効果が期待できます。

 

■季節調整

腸もみで内臓からアプローチをしたり温めることで、自律神経のバランスを整えていきます。
また、花粉の季節には、「金粒」を呼ばれているテープに粒がついているものをツボへ貼ることで鼻水や鼻づまりの解消が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中