骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • ランニングを
    していると
    すねの骨が
    痛くなってきた

  • 階段から
    転落して
    肘を強打
    してしまった

  • 骨折から
    なるべく早く
    スポーツに
    復帰したい

  • ただの突き指と
    思っていたが、
    歩く振動だけで
    強く痛む

骨折は日常生活でも起こるケガになります

打撲や転倒が多いスポーツで、骨折は起こりやすくなっています。

また、日常生活においても転倒や転落、事故によって骨折してしまう可能性は十分にあります。

 

もし、骨折が疑われる場合には、どのような処置を行っていけばよいのでしょうか。

 

こちらのページでは骨折の原因や症状、対策についてご紹介しています。

激しいスポーツをされている方、仕事で転倒、転落のリスクが高い方

ぜひ最後まで目を通してみてください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の種類やよくみられる症状について

骨折は「骨の連続性が断たれた状態」になります。

強い痛み、腫れが出てくるのはもちろん、処置が遅くなるほど回復に時間がかかってしまうことが考えられます。

こちらでは、骨折の種類や症状について詳しくご紹介しています。

骨折とその他の外傷を見分けるポイントについてもご説明していますので、ぜひご確認ください。

 

【骨折の程度による分類】

 

骨が完全に折れてしまったものを「完全骨折」、骨に傷はついているけど、部分的には繋がっているもの(ヒビ、亀裂骨折、骨膜下骨折など)を「不全骨折」と呼びます。

 

【骨折の種類】

 

●外傷性骨折

身体の一部に大きな外力が加わることで、骨が折れたものになります。
スポーツや日常生活における衝突、転倒、転落、事故などが挙げられます。

●疲労骨折

繰り返しの小さい外力を受けることで、骨が折れたものになります。
ランニングによる「足の疲労骨折」ゴルフスイングによる「肋骨の疲労骨折」などが挙げられます。

●病的骨折

骨粗鬆症や骨腫瘍によって脆弱化した骨が、小さい外力によって折れてしまったものになります。

 

【骨折の固有症状】

 

一般の外傷症状である「疼痛」「腫脹」「機能障害」以外に、骨折には次のような固有症状がみられることがあります。

●転位と変形

完全に折れた場合、骨の位置がずれてしまう「転位」と、見た目の「変形」がみられることがあります。

●軋轢音

折れた骨同士がぶつかり合うことで、「軋轢音」を触知することがあります。
音として聞こえるわけではなく「グズグズと骨同士がぶつかる感触」になります。

●異常可動性

完全に折れた場合、関節以外の場所で骨が大きく動いてしまうことがあります。
その他「ショック症状」「吸収熱」がみられることがあります。

●ショック症状

神経が過剰に興奮したり、機能低下を起こしたりすることで循環のバランスが崩れ、ショック症状に陥ることがあります。
「顔面蒼白」「手足が冷たくなる」「チアノーゼ(唇が紫色になる)」といった症状がみられます。

●吸収熱

骨折による血腫や組織の分解物を吸収する際に、37〜38℃程度の熱が出ることがあります。

 

【骨折の鑑別方法】

 

骨自体にも血管が豊富に走っているために、打撲と比較すると内出血量は多くなることが特徴です。

その他、骨折を見分けるポイントとしては、「限局性圧痛」「介達痛」が挙げられます。

●限局性圧痛

骨折した箇所に限局した圧痛がみられます。
骨膜には神経が豊富に走っているために、圧痛は非常に強いものになっています。

●介達痛

離れた箇所をトントンと叩いたり、骨に軸圧を加えたり、少し引っ張ってみたりした際、骨折した箇所に痛みが走る場合は骨折が疑われます。

 

完全に折れているものは見た目にもわかりやすいですが、ヒビであったり骨膜下骨折であると、その他の外傷と見分けることが難しい場合もあります。

腫れや痛みが強い場合は、早急に接骨院・整骨院や専門の医療機関に行って症状を確認してもらうことをおすすめします。

 

【骨折の併発症】

 

骨折の併発症としては「関節の損傷」「筋・腱などの軟部組織損傷」「内臓損傷」「脳脊髄損傷」「血管損傷」「末梢神経損傷」が挙げられます。

無理に動かすと損傷を広げる可能性もありますので、外傷後は患部を安静にすることが大切です。

骨折の適切な応急処置について

スポーツや日常生活において、身体に大きな外力を受けた際には早急の「RICE処置」が重要です。

こちらでは「骨折が疑われる際の処置方法」と「骨折の治癒経過」について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

骨折をはじめとした急性のケガには「RICE処置」を行うことが大切です。

●安静(Rest)

骨折部分、周辺組織の損傷を広げないように、患部をなるべく動かさないようにします

●冷却(Icing)

内出血が広がらないように、患部を袋に入った氷水や保冷剤によって冷却します(冷やしすぎにはご注意ください)

●圧迫(Compression)

腫脹を抑えるために、患部をバンテージや包帯で圧迫します(締め付けすぎないようにご注意ください)

●挙上(Elevation)

内出血が末端部に溜まらないように、患部をなるべく心臓より高い位置に挙上します。

 

RICE処置はあくまでも応急処置になりますので、できるだけ早めに接骨院・整骨院や専門の医療機関にて適切な処置を受けることをおすすめします。

 

【日常生活における対策】

 

●防具を身につける

転倒や打撲が多いスポーツでは、ヘルメットや肘当て、レガースといった防具をきちんと身につけておくことが大切です。

●体幹を鍛えておく

スポーツでの転倒は骨折のリスクが高まります。
また、高齢者も転倒から骨折に繋がる可能性がありますので、日頃から転倒予防として体幹を鍛えておくことが大切です。

 

【骨折の治癒経過】

 

骨折は次のような経過をたどって回復していきます。

●炎症期

炎症症状が現れ、骨髄からの出血によって血腫が形成されます。
血腫によって、損傷した組織の回復が促進されていきます。

●修復期

骨折した箇所に、軟骨である「仮骨」が作られてきます。
仮骨が作られる「仮骨形成期」と仮骨が硬くなってくる「仮骨硬化期」があります。

●リモデリング期(再造形)

仮骨が徐々に本来の骨に再構築されていく時期になります。

パルモ三鷹整骨院の【骨折】アプローチ方法

 

【骨折に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中