捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 不自然な転び方をして
    足を捻ってしまった

  • 産後赤ちゃんを抱くときに
    手首が痛む

  • 仕事上手首を
    動かす機会が多く痛みがでる

  • スマホやPCを
    使うときに手首が痛くなる

捻挫と腱炎・腱鞘炎の違い

「スポーツ中に足をくじいてしまって捻挫になる」
「赤ちゃんを抱っこしすぎて手首が痛む」

同じような関節の痛みですが、一方は捻挫、もう一方は腱炎・腱鞘炎の可能性があります。

 

捻挫と腱炎・腱鞘炎の違いとはどういったものなのでしょうか。

捻挫・腱炎・腱鞘炎早期回復メニュー Recommend Menu

関節に痛みが起こる捻挫と腱炎・腱鞘炎の違い

「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」

まったく異なる症状ではありますが、「関節に痛みを感じる」という類似点もあり「捻挫」かと思っていたら「腱炎・腱鞘炎」だったということも少なくありません。

それぞれの原因や症状の違いからみていきましょう。

 

 

 

 

【捻挫と腱炎・腱鞘炎の違い】

 

●捻挫

捻挫とは、関節に正常可動域以上の外力が加わり関節のまわりにある関節包や靭帯が損傷した状態のことを言います。

骨の損傷ではないため、レントゲン検査では異常はみられません。

主な症状としては、患部の「痛み」「腫れ」「熱」などになります、

●腱炎・腱鞘炎

腱炎・腱鞘炎は、短母指伸筋、長母指外転筋の使い過ぎにより筋肉を包んでいる腱鞘の肥厚によって炎症した状態になります。
腱鞘は腱の周囲を覆う部分で、手や前腕の関節周辺に痛みや腫れが生じます。

「マウスの使い過ぎ」「キーボードの打ちすぎ」「小さな子どもを抱き上げる」などの特定の動作を繰り返すことで起こる症状になります。

痛みの箇所により異なる名称がついており
母指側の手首に起こる腱炎・腱鞘炎は「ドケルバン病」

指に起こる腱炎・腱鞘炎は「ばね指」と言います。

また腱炎・腱鞘炎は初産の方によくみられることから、この時期の腱鞘炎を「初産腱鞘炎」と呼ぶこともあります。

捻挫や腱炎・腱鞘炎の対処法

捻挫も腱炎・腱鞘炎も、痛みを感じたらすぐに応急処置を行うことが大切です。

特に腱炎・腱鞘炎は、我慢してしまい悪化することが多い症状になります。
早く痛みを減らすためにも適切な対処を行いましょう。

まず、対処法としては当たり前かもしれませんが、どちらも「安静」にすることが大切になります。患部をあまり動かさないようにしましょう。

そして、ケガに有効とされる「RICE処置」を行いましょう。

 

【覚えておきたいRICE処置】

 

RICEはライスと読みます。
RICE処置は応急処置の基本です。
Rest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の頭文字から名づけられています。

捻挫・腱炎・腱鞘炎などの際に、内出血や腫れ、痛みを最小限おさえてくれる対処法のため、ぜひ覚えておきましょう。

まず、患部を動かさないよう安静に保ち、冷やします。
また包帯やテーピングなどで患部を圧迫したり、患部を心臓より高い位置に置きます。

※テーピングは、部分や症状、目的によって巻き方やテープの種類が異なりますので、事前に確認してから行う必要があります。また強く巻きすぎてしまうと逆効果となってしまうため注意が必要です。

 

自分でできる応急処置を行ったあとは、痛みが少ない場合でも医療機関にみてもらい検査を行いましょう。

放置してしまうと、予後に後遺症などが残ってしまうこともあります。

パルモ三鷹整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では、捻挫初期のまだ炎症がみられる場合には、上記でもお話しした「RICE処置」を行い関節を安定させます。

炎症状態が治まったら、可動制限や不安定などの改善のため「関節の整復」 「テーピング、包帯、サポーターでの固定」を行っていきます。
※この施術を行うことで後遺症や再発など予後の問題の解消が期待できます。

 

また、腱炎・腱鞘炎(ドケルバン病・ばね指)に対しても同様に炎症がみられる場合は、「 RICE処置」を行い、 「関節の整復」 「テーピング、包帯、サポーターでの固定」を行っていきます。

 

腱炎・腱鞘炎は、お子様のいるママさんに多い症状でもあります。
なかなか手を休めることは難しいかもしれましれませんが、症状を悪化させないためにも我慢せず一度ご相談ください。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、直接的な外力によって生じた「捻挫」「肉離れなどの挫傷」「打撲」などのケガに対して健康保険を利用できる場合があります。
その他にも交通事故によるケガや業務中、通勤中によるケガに対しては「自賠責保険」「労災保険」などがご利用できる場合があります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■テーピング

スポーツの動きに対する補助や保護の目的など、目的によりいくつかのテーピングを使い分け施術を行っていきます。
ケガを予防したいときや、ケガを気にしないで競技をしたいときにおすすめしています。

 

■骨格矯正

痛みなどの不調の根本原因が、身体のバランスの崩れにより発生している場合、骨格矯正を行います。
丁寧にカウンセリング・検査を行い、重心の取り方や骨盤のずれなどを見極めた上で施術を行います。
痛みを伴ったり、バキバキと音がなるような施術ではありませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

 

■鍼灸

髪の毛よりも細い鍼やもぐさでできたお灸を経穴(ツボ)に乗せ刺激をすることで、自己治癒力を向上させ症状の緩和を目指す施術です。
体質改善や自律神経の崩れによる不調の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体を芯から温め血行を促進することで、肩こりや腰痛などの慢性症状や冷え性、疲労解消などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中