脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • ラグビーで
    相手と衝突して
    鎖骨を脱臼
    してしまった

  • 肩の関節が
    外れやすく
    なっている

  • バレーで
    突き指した時
    指が変な方向に
    曲がった

  • スキーで転倒
    した際に
    肩関節が
    外れてしまった

脱臼は早急な対処が大切です

脱臼は関節に大きな負荷が加わった際に発生しやすくなっています。

受傷後の処置によっては回復が遅れたり、機能障害が残る可能性も考えられます。

 

特に激しい動きが伴うスポーツをされる方は脱臼のリスクが高いため、

適切なケアを知っておくことが大切です。

 

こちらのページでは脱臼の原因や症状、応急処置の方法について詳しくまとめてあります。

日常でできる予防法もご紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

脱臼早期回復メニュー Recommend Menu

脱臼の種類や原因、症状について

脱臼は関節が外れてしまった状態であり、スポーツ現場でよくみられるケガになります。

もし脱臼をしてしまった場合、どのような症状がみられるのでしょうか。

脱臼が起きる原因と合わせて、こちらで詳しくご紹介していきます。

 

【脱臼の分類】

 

脱臼は損傷の程度によって、関節が完全に外れてしまった「完全脱臼」と、一部が外れた「不全脱臼(亜脱臼)」に分けられます。

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

関節が可動域を越えて大きく捻られた際に、関節が外れてしまったものになります。
スポーツや日常生活における転倒や転落によって発生しやすくなっています。

●病的脱臼

病気が原因で関節を支える力が弱くなり、わずかな外力、もしくは外力を受けずに自然と脱臼してしまったものになります。

●麻痺性脱臼

脳血管障害による片麻痺で関節を支える力が弱くなり、関節が外れてしまったものになります。

●拡張性脱臼

股関節結核、急性化膿性股関節炎など、関節内に炎症が起こることで拡張し脱臼してしまったものになります。

●破壊性脱臼

リウマチによる炎症で関節が破壊されることにより、脱臼したものになります。

 

【脱臼しやすい関節】

 

大きな可動域を持ちながら、関節が強く固定されていない「肩関節」が脱臼を起こしやすいと言われています。

腕を後ろに伸ばした状態から、外側に強く捻られた際に外れやすくなっています。
その他、顎や肘、鎖骨部分も脱臼を起こしやすい場所として挙げられます。

 

【脱臼の症状】

 

●疼痛

関節付近がズキズキと痛むことがあります。

●腫脹

血管を損傷することで内出血を起こし、腫れてきます。
関節内に出血がたまる「関節血腫」がみられることもあります。

●機能障害

関節の機能は失われ、動かせなくなります。

●関節の変形

関節が外れるために見た目に変形がみられます。

●弾発性固定

外れた関節を押しても、また元の位置に戻る症状になります。
一度脱臼すると、関節を支える靭帯、関節包が緩んでしまうため、再負傷しやすくなると言われています。

脱臼の処置方法と再発の予防法について

脱臼では、関節まわりの組織が大きく損傷してしまうことが考えられます。

治癒力を高めていくためにも、受傷後は早急に対処していくことが大切です。

こちらでは、急性の外傷に重要な「RICE処置」と「日常的に行える脱臼の対策について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

●安静(Rest)

組織の損傷を悪化させないためにも、患部はなるべく動かさないように安静にします。

●冷却(Icing)

腫脹を抑えるために、患部を氷水や保冷剤によって冷却します。(冷やしすぎないようご注意ください)

●圧迫(Compression)

腫脹が広がらないように、患部をバンテージや包帯によって圧迫します。(きつく締めすぎないようにご注意ください)

●挙上(Elevation)

腫脹が末端部分にたまらないように、患部をなるべく心臓より高い位置に挙上します。

 

RICE処置をしましたら、なるべく早めに接骨院・整骨院や専門の医療機関において「整復(関節を正しい位置に戻す施術)」を受けるようにしましょう。
適切な処置を受けることで、その後の回復も早まる効果が期待できます。

 

【脱臼の対策】

 

●テーピングで固定する

関節が大きく捻られることで、脱臼が起きてしまうことが考えられます。
スポーツや肉体労働で激しい動きをする場合は、テーピングやサポーターによって関節を固定しておくと安心です。

●関節周辺の筋力を鍛える

脱臼のリスクを下げるためには、関節を支える筋力を鍛えておくことが大切です。
インナーマッスルの強化が特に有効ですが、自分で鍛えることは難しいことが考えれられます。

接骨院・整骨院、専門の医療機関などでトレーニング方法のアドバイスを受けることをおすすめします。

パルモ三鷹整骨院の【脱臼】アプローチ方法

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中