スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • スポーツ中に
    捻挫した

  • 急な動きで
    肉離れになった

  • 相手との激しい
    接触プレイで
    打撲した

  • スポーツが
    原因と思われる慢性的な痛みがある

スポーツ中に起こるケガ「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」

スポーツの最中は「ケガはつきもの」
といわれるほど頻繁に発生するものかと思います。

 

スポーツによるケガは、一般的に言われる外傷
「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「肉離れ」などの「スポーツ外傷」
「スポーツ障害」に分けることができます。

 

スポーツにおいてパフォーマンスを維持するために
ケガを防ぐことはとても大切です。

「スポーツ外傷」「スポーツ障害」それぞれの特徴をみていきましょう。

スポーツのケガ早期回復メニュー Recommend Menu

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ中にケガをしてしまうことは、よくあることかと思います。

そんなスポーツ中のケガは大きく「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」に分けることができます。

名称は似ていますが、その損傷状態は大きく異なります。

「スポーツ外傷」「スポーツ障害」について詳しくみていきましょう。

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷は、外部の一度の大きな衝撃が身体に加わったことで筋肉や靭帯、骨などを損傷してしまった状態になります。

 

【スポーツ外傷の種類】

 

スポーツ外傷は、通常のケガ同様「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「肉離れ」などになります。

 

 

●骨折

転倒や追突などにより、文字通り骨が折れた状態になります。
「不全骨折」といってヒビの状態も骨折になります。

打撲した部分の痛みが強く、治まらない場合には骨折の可能性もあります。

 

症状としては、「痛み」「腫れ」「皮下出血」「しびれ」「可動域の制限」などがあります。

●脱臼

骨と骨の関節が外れてしまった状態になります。
コンタクトスポーツをする方などは、肩関節部分を脱臼することが多くなります。

症状としては、骨折同様に「痛み」「腫れ」「皮下出血」「しびれ」「可動域の制限」などがあります。

 

●捻挫

転倒などで捻ったりくじくことで関節部分の靭帯や腱が損傷することで発生します。
靭帯が一時的に伸びている場合から靭帯が切れてしまっている状態まで、その損傷の程度により回復期間に差がでてきます。

 

●打撲

プレイヤー同士が激しく接触することで、筋肉などの組織が損傷してしまった状態になります。

打撲すると「腫れ」「皮下出血」「赤み」がみられます。

 

●肉離れ

急な動きが原因で筋肉が一部または全部断裂することで生じます。
肉離れの場合にも内出血がおこりますが、受傷時に「ぶち」といった聞き慣れない音を聞いたり、「腫れ」や「へこみ」がみられることがあります。

 

【スポーツ障害】

 

トレーニングを行う中で、一定の部位に繰り返し負荷がかかり続けたことにより発生する慢性的な症状になります。
1回の衝撃により発生するわけではないため、どの動作が原因となっているのか特定することは難しくなります。

スポーツ障害は、「使い過ぎ症候群」とも呼ばれており過度な練習が原因となっていることが多くなります。

 

【スポーツ障害の原因】

 

●オーバーユース(overuse)

同じ動作を続けることによる使い過ぎ

●ミスユース(misuse)

間違えたフォームで練習を続けることによる身体への負荷

●ディスユース(disuse)

準備運動不足など、急な運動時に起こる身体への負担

 

【スポーツ障害の種類】

 

複数ある「スポーツ障害」から代表的なものをいくつかご紹介します。

 

◆野球肩(インピンジメント症候群)

肩甲骨の一部に上腕骨が衝突することで肩板が挟まれ炎症を起こしてしまう状態です。

野球の投球動作やテニスのサーブ動作を繰り返すことで発症しやすくなり、局所の筋肉の使い過ぎだけではなく肩甲骨の動きの悪さや身体の使い方なども原因となります。

 

◆テニス肘(外側上顆炎)

この名称がついていることからもわかるように、テニスをする方によく起こります。

手首を反らせる動き、前腕の伸筋群のオーバーユース(使い過ぎ)で筋肉の付着部の外側上顆に炎症が起こります。 肩関節の内旋、前腕の過回内なども原因となります。

 

◆シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

ランニングやジャンプなど陸上競技やサッカーなどが多いです。
脛骨の内側に痛みがでます。後脛骨筋や長母趾屈筋などの筋肉の付着部を引っ張ってしまい骨膜の炎症を起こしてしまいます。
運動の制限、休止、テーピングなどで負担を軽減させる必要があります。

スポーツ中のケガを予防法と対処法

スポーツによるケガは、予期できないことも多く予防は難しいかもしれません。

しかし、繰り返しの負荷により生じる「スポーツ障害」に関しては、トレーニング方法の見直しなどで予防できる可能性があります。

 

【スポーツ障害を予防するには】

 

◆準備を十分に行うこと

ウォーミングアップやストレッチングを十分に行い、急な負荷がかからないように気をつけましょう。

 

◆競技によってトレーニング方法などを変える

競技によって鍛えた方がいい部分や身につけるべきテクニックは異なります。

科学的に裏付けされている方法がありますので、コーチやトレーナーなどと相談しながら練習に取り入れましょう。

 

◆栄養や休息を十分に取る

スポーツをしていないときにも身体のメンテナンスを行いましょう。
栄養バランスの取れた食事をとり、ゆっくりと身体を休めることも重要です。

 

【スポーツ中のケガの対処法】

 

スポーツ障害においてもスポーツ外傷においても受傷後は適切な応急処置を行うことが重要になります。

応急処置として有名なものとしてRISE処置があります。

 

RICE処置とはRest(安静)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の頭文字から名づけられた応急処置の方法をあらわす言葉になります。

受傷後は、まず安静にしアイシングを行っていきましょう。

※アイシングは受傷後すぐに行うことで炎症や内出血を最小限に抑えることができます。

その後は、包帯やテーピング、なければタオルやハンカチなどで患部を圧迫していきましょう。そして可能であれば患部の心臓よりも上にあげましょう。

応急処置後は、症状を軽視せず整形外科や整骨院・接骨院に来院するようにしましょう。

パルモ三鷹整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院では、骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「肉離れ」などの【スポーツ外傷】や【スポーツ障害】に対して炎症が残っている場合はアイシングを行っていきます。

その後、関節などを安定させるため「骨格矯正」 「ドレナージュ(DPL)」「テーピング、包帯、サポーターでの固定」を行い回復を図ります。

また、状態によって鍼灸なども合わせて行い、ケガの回復後のパフォーマンス維持のサポートも行っていきます。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、直接的な外力によって生じた「捻挫」「肉離れなどの挫傷」「打撲」などのケガに対して健康保険を利用できる場合があります。
その他にも交通事故によるケガや業務中、通勤中によるケガに対しては「自賠責保険」「労災保険」などがご利用できる場合があります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)による刺激を身体の深部に浸透させることで炎症を抑えぎっくり腰などの激しい痛みや肩こりや腰痛などの慢性的な痛みまで幅広い効果が期待できます。
またハイボルト(高電圧)流すことで神経の状態を調べる「検査」としての機能もあります。

 

■経穴(ツボ)へアプローチ

数種類あるテープを使い分けながら経穴(ツボ)を刺激していきます。
気が滞りやすい箇所や筋肉が局所的に硬くなってしまっている箇所を刺激することで全身のさまざまな不調の改善が期待できます。
その他にも、施術後のお身体の状態をキープする目的で使用することもあります。

 

■テーピング

スポーツの動きに対する補助や保護の目的など、目的によりいくつかのテーピングを使い分け施術を行っていきます。
ケガを予防したいときや、ケガを気にしないで競技をしたいときにおすすめしています。

 

■骨格矯正

痛みなどの不調の根本原因が、身体のバランスの崩れにより発生している場合、骨格矯正を行います。
丁寧にカウンセリング・検査を行い、重心の取り方や骨盤のずれなどを見極めた上で施術を行います。
痛みを伴ったり、バキバキと音がなるような施術ではありませんのでご安心ください。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる「筋膜」の癒着に対して専用のブレードを使用してアプローチを行います。
硬くなっている筋膜を緩め筋肉の柔軟性を高めることで血行を促進し自己治癒力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

専用のクリームを使用し、ひざ下のリンパや血流を促すことで「むくみ」や「冷え」の改善を目指す施術です。
その他にも血行不良により生じていた不調の改善に効果が期待できます。

 

■鍼灸

髪の毛よりも細い鍼やもぐさでできたお灸を経穴(ツボ)に乗せ刺激をすることで、自己治癒力を向上させ症状の緩和を目指す施術です。
体質改善や自律神経の崩れによる不調の改善に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体を芯から温め血行を促進することで、肩こりや腰痛などの慢性症状や冷え性、疲労解消などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:畑中 一郎
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ三鷹整骨院
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3
最寄:JR中央線 三鷹駅 徒歩4分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院 公式SNSアカウント パルモ三鷹整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ三鷹整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中